脚の軸線に合わせ、アッパーシェルとロアシェルを同一の軸線で設定。 脚の軸とブーツの軸が一致することにより、ダイレクト感のあるスキー操作が可能。
さらに、インサイドとアウトサイドのヒンジングポイントを水平の位置とし、 ヒザ入れの方向が内側に入りにくい設計としました。
 
BACK 1 2 3 4 5 6 7 NEXT

Copyright © Rexxam Co., Ltd. All Rights Reserved.