水平な場所に裸足で直立すると、ツマ先を開いた状態で安定して立てるといわれています。 これは、斜面に立った場合も同じです。では、スキー靴を履いた場合はどうなるでしょう。 通常、スキー靴を履くと、ツマ先の開きは少し狭くなります。そして、このときのヒザ入れ方向は、親指の方向になります。 そこで、スキー滑走の都合のよい状態、すなわちスキー板を平行に揃えるためには、ヒザを絞り込むような力を絶えず加えなければなりません。 また、スキー板が平行になった状態では、前傾時のヒザ入れ方向は内側になります。 このような症状は、人間の足の骨格上・生理上、またスキー靴の設計上、当然の帰結となっていました。
以前の脚の捻りによる回し込みを主流とするスキーテクニックにおいては、こうしたスキー靴の特性は何ら問題がありませんでした。 というのも、従来のスキーテクニックにおいてスキー板を回す動作は、ヒザの捻り込みによる回旋動作によって行われていたからです。 ところがスキーテクニックの進化は、こうしたスキー靴の性能が逆にデメリットとなってきています。 現在のスキーテクニックでは、スキー板の持つサイドカーブを有効に使った切れるターンを行うために、両足荷重による脚の倒し込みでスキー板の方向付けを行うようになっています。 このようなスキー操作において、前傾動作によってヒザが内側に入ることは、パワーロスに繋がります。 また、前傾動作でヒザが内側に入ると、雪面かの抵抗を大きく受ける現在のスキーではヒザに大きな力がかかり、脚への負担となります。 つまり、前傾時にスキー板と同一方向になるヒザ入れがスキー靴に要求されるわけです。

前傾時のヒザ入れ方向を真っ直ぐにするためにレクザムが採用した設計とは、スキー靴の中で足が自然に外側を向いた状態を作り出すオフセットラスト。 荷重が集中するカカトのセンターを中心として、足の中心線が外側に向くように足型を設計しています。 つまり、自然に立った時につま先が軽く開く、その状態をスキー靴の中で再現しているのです。 これにより、スキー靴を履くだけでスキーが自然に揃いやすくなり、ヒザも真っ直ぐに入りやすくなります。 さらに、雪面からの抗力をヒザが正面から受け止めるため、長時間のスキーでも脚への負担が少なくなります。

BACK 1 2 NEXT

Copyright © Rexxam Co., Ltd. All Rights Reserved.